ISO取得支援実績2800件以上
日本一のISO取得支援実績

       

ISO、15規格以上に対応(2019年9月現在)
ISO総合コンサルティング会社

ISO45001

OHSAS18001からISO45001への移行内容

ISO45001移行対応の主な内容。

2018年3月12日~2021年3月11日期限
OHSAS18001→ISO45001改訂の主な内容は以下の通りとなります。

1)構成要素の変更

ISO45001へ移行の際にはISO9001・14001;2015版と同じ構成への変更が必要です。(10章立てへ変更)

2)事業環境の考慮

ISO9001、ISO14001と同様に、ISO45001においても、労働安全衛生に対する事業環境を考慮することが追加されています。

「リスクと機会」の追加。

従来の「リスクアセスメント」へ追加のより、安全衛生リスクはOHSAS18001と同様ですが、他に、安全衛生機会、安全衛生システムリスク、安全衛生システム機会、を追加して検討することが求められています。

安全衛生管理の強化

調達、下請け、外部委託先に対する安全衛生管理が強化され、対応が必要です。
ご不明な点、自社対応に不安がございます場合にはテクノソフト及びISO支援.comへお問い合わせください。

ISO45001:2018(労働安全衛生マネジメントシステム)への対応

ISO45001:2018移行期限が近づきました。

移行期限は2021年3月11日までとなります。期限まであと1年強となり、現在OHSAS18001で対応している企業様は、次回審査までにマネジメントシステムの変更とその運用が必要です。

準備期間は、変更後の運用期間を考慮して受審月の7~8ヶ月前から準備を開始することを推奨いたします。
(例:毎年9月が審査時期の場合。2020年3月頃までに開始し、システム構築後、6月頃までに運用開始。受審時までに臨時の内部監査、マネジメントレビューを実施)

ISO45001移行の対応内容の概要につきましては、ISO発行。改訂情報のISO45001をご確認ください。

テクノソフトでは、ISO45001への対応に不明な点。不安等のある企業様に向けたコンサルティングを行っております。改訂のお手伝いをご希望される企業様、この機会に自社のシステムを見直したい企業様も、是非弊社にお問い合わせください。

緊急企画!!ISO45001:2018内部監査員養成セミナーを開催します。(10月9日〜10日 岡山)

2019年3月にISO45001:2018が発行されました。OHSAS18001から移行された企業様、またISO45001を新規に取得された企業様から兼ねてから内部監査員養成セミナー開催のご要望をお受けし、岡山会場にて開催する運びとなりました。(2日間通学制)

是非、内部監査員養成に、弊社セミナーへのご参加をご活用下さい。

日時:10月9日(水)〜10日(木)

場所:くらしき山陽ハイツ(東館) 岡山県倉敷市有城1265

時間:9:30〜17:00(両日とも)

詳しくはコチラ

 

 

お問い合わせ先:株式会社テクノソフト 倉敷事業所 〒710‐0801 岡山県倉敷市酒津1621

TEL:086‐422‐9315 FAX:086‐426‐0282

 

 

ISO45001:2018発行情報 (2018年3月12日発行)

2018年3月12日に、開発が進められていたISO45001:2018(労働安全衛生マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引き)が発行されました。
この規格に対応するJIS Q 45001は2018年夏ごろの予定です。

従来の労働安全衛生マネジメントシステムである、OHSAS18001を取得されている組織は、ISO45001へ移行する必要があり、3年間の移行期間(2018年3月12日~2021年3月11日)が設けられています。

テクノソフトでは、ISO45001の認証取得支援及びOHSAS18001からISO45001への移行支援を行います。

また、OHSAS18001の認証制度は、移行期間終了と共に廃止されます。

詳しくはこちらをクリックしてください

ISO45001:2018発行情報(2018年3月12日に発行予定)

開発が進められていた労働安全衛生の新規格であるISO45001につきましては、2017年11月にFDIS(最終国際規格案)が出て、メンバー各国の投票を経て、2018年1月に承認されました。
これにより、ISO45001が2018年3月12日に正式発行される予定です。
テクノソフトでは、ISO45001の認証取得支援及びOHSAS18001からISO45001への移行支援を行います。詳しくは、ISO45001の正式発行後にお知らせします。

ISO45001について

労働安全衛生における世界初の国際規格、ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)の開発が現在進められています。本規格は、従業員及びその他関係者のために安全で衛生的な職場の提供を行います。また、組織に対して労働安全衛生パフォーマンスの向上と同時に、死亡事故や職業上の怪我や疾病を防ぐ手助けとなる国際規格ですが、ISO化に向けた現在の進捗状況です。

ISO45001/DIS(Draft International Standard)2の承認

投票結果

国際規格のDIS可決条件は、賛成票が2/3以上、反対票が1/4以下の両方の条件をクリアすることです。

投票結果は、賛成が88%と判定基準66.7%をクリア、反対が11%で判定基準25%より少なく「承認」となりました。日本は、コメント付き賛成の投票をしています。

承認された今後は?

ISO45001はISOマネジメントシステム規格の共通テキスト(ISO/IEC Directives Part1, Annex SL)をベースに、OHSAS 18001,ILO-OSHガイドライン、諸外国の国家規格の要素を取り入れ参考にしながら開発をしてきました。

今回のDIS2投票結果は、投票したPメンバーの2/3以上が賛成し、かつ、反対は投票総数の1/4以下で圧倒的な賛意に支えられてあり、承認されましたが、コメントがなんと1626件も寄せられました。

コメント数が多いため、9月のマラッカ(マレーシア)会議6日間でコメント検討を完了することほぼ困難な見通しです。そのため、最終国際規格案(FDIS)の投票に進む可能性が高いと思われます。

もしFDISに進むことになれば、国際規格の発行は、2018年3月以降にずれ込むのではないかと予測されています。