ISO支援.comはのグループ会社が運営しています

ISO取得支援実績2700件以上
日本一のISO取得支援実績

改訂情報

ISO発行・改訂情報「ISO22000:2018移行支援」を掲載しました。

1.ISO22000:2018移行支援

2018年6月にISO 22000:2018「食品安全マネジメントシステム-フードチェーンのあらゆる組織に対する要求事項」が発行されました。 この規格は、ISO 22000:2005の改訂版であり、ISO 22000:2005の認証企業は3年以内に新規格に移行する必要があります。 移行審査を受けるにあたっては、FSMS(食品安全マネジメントシステム)を改訂版ISO 22000に準拠したシステムに変更し、運用している実績(内部監査、マネジメントレビュー)が必要となります。 また、運用開始時には、改めて新FSMSの社員教育や内部監査員への教育も必要となります。

2.ISO22000の構成

ISO 22000:2018は、構成が大きく変わりました。マネジメントシステムの共通構造(HLSと呼ばれる)を採用し、箇条4~10からなるPDCA(Plan:箇条4~7 Do:箇条8 Check:箇条9 Act:箇条10)で構成されています。

3.ISO22000の主な改訂情報

ISO 22000:2018の主な改訂内容は、旧版(2005年版)の基本的な取組みを活かしながら、他のISOマネジメントシステムの規格構成の共通化が特徴です。

今回の改訂は、一見大きな変更は無いように見受けられますが、①HLS、②リスク及び機会への取組み、③パフォーマンスの評価等、新たに追加、補強される要求事項に対応するためには、組織には相当な負荷が掛かると推測されます

ISO22000改訂ポイント(主なものを抜粋)

4.推奨する改訂情報

以下を考慮し、移行期間内(2021年6月まで)に、移行審査を受審し、新規格での認証が得られるように計画的に作業ください。

1) 食品安全マニュアル及び関連文書・記録様式をISO 22000:2018に合わせて全面的に改訂する。
2) 新FSMSを運用して内部監査、マネジメントレビューを実施し、移行審査に備える。

5.お問い合わせください(㈱テクノソフトからの提案)

㈱テクノソフトでは、ISO 2200:2018への移行支援を実施いたします。改訂に労力をかけたくない、あるいは運用成果が期待できるシステムに変更したい等、皆様のさまざまな要求にお応えいたします。

以下に支援項目例を示しました。ご希望の内容をご確認いただき、担当営業若しくはお近くの弊社営業所までお問合せください。内容の詳細を決定し、支援費用をお見積りいたします。

 

 

ISO45001:2018発行情報 (2018年3月12日発行)

2018年3月12日に、開発が進められていたISO45001:2018(労働安全衛生マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引き)が発行されました。
この規格に対応するJIS Q 45001は2018年夏ごろの予定です。

従来の労働安全衛生マネジメントシステムである、OHSAS18001を取得されている組織は、ISO45001へ移行する必要があり、3年間の移行期間(2018年3月12日~2021年3月11日)が設けられています。

テクノソフトでは、ISO45001の認証取得支援及びOHSAS18001からISO45001への移行支援を行います。

また、OHSAS18001の認証制度は、移行期間終了と共に廃止されます。

詳しくはこちらをクリックしてください

プライバシーマーク(JIS Q 15001:2017)移行支援

1.JIS Q 15001の改訂

2017年12月20日に、プライバシーマークの審査規格となっているJIS Q 15001:2017「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」が改訂されました。

これにより、2006年版のJIS Q 15001でプライバシーマークを取得している企業は、以下の移行スケジュールに従い、更新審査時にJIS Q 15001:2017(新審査基準)に移行する必要があります。

JIS Q 15001:2017への移行スケジュール

 

JIS Q 15001:2017の改訂概要

JIS Q 15001:2017は、ISOマネジメントシステムの規格構成の共通化ルール(MSS共通要求事項又はHLSと呼ばれる)を採用して改訂されました。

3.JIS Q 15001:2017移行への対応準備

JIS Q 15001:2017で、現行の個人情報保護マネジメントシステム(PMS)の基本的な取り組みが大きく変更されることはありませんが、移行に際して以下のような対応が必要となります。

<必須>
  1. 貴社の更新審査受付期間(有効期間の満了の8か月前の日から4か月前の日まで)と移行スケジュールを確認し、貴社の移行審査申請期限を明確に把握する。
  2. 個人情報保護基本規程(個人情報保護マニュアル)をJIS Q 15001:2017に合わせて全面的に改訂する。
  3. JIS Q 15001:2017に適合したPMSを運用して、個人情報保護目的の管理、教育訓練、内部監査、マネジメントレビューを実施する。
<推奨>
  1. JIS Q 15001:2017に合わせてPMSを変更するだけではなく、個人情報保護リスクアセスメントの方法など、運用上のムリやムダのないマネジメントシステムにリフォームする。
  2. 現行の安全管理措置と附属書C(安全管理措置に関する管理目的及び管理策)を比較し、情報セキュリティ関連規定を改訂する。

テクノソフトのJISQ15001:2017移行支援

テクノソフトでは、JIS Q 15001:2017への移行支援を実施いたします。下記の支援項目についてご希望内容をご確認いただき、担当営業までお問合せください。

内容の詳細を決定し、支援費用をお見積りいたします。

ISO45001:2018発行情報(2018年3月12日に発行予定)

開発が進められていた労働安全衛生の新規格であるISO45001につきましては、2017年11月にFDIS(最終国際規格案)が出て、メンバー各国の投票を経て、2018年1月に承認されました。
これにより、ISO45001が2018年3月12日に正式発行される予定です。
テクノソフトでは、ISO45001の認証取得支援及びOHSAS18001からISO45001への移行支援を行います。詳しくは、ISO45001の正式発行後にお知らせします。

ISO14001 改訂情報

〜ISO14001:2004は2018年9月が有効期限です〜

1.改訂版ISO14001の発行期限

20157月のISO 14001:2004「環境マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引き」の改訂版(案)にあたるFDIS 14001(最終国際規格案)を経て、915日にISO 14001:2015が発行され、引き続き、JIS版(日本語版)は11月に発行されました。

続きを読む

ISO9001 改訂情報

〜ISO9001:2008は2018年9月が有効期限です〜

1.改訂版ISO9001の発行時期

20157月のISO 9001:2008「品質マネジメントシステム-要求事項」の改訂版(案)にあたるFDIS 9001(国際規格原案/Draft International Standard)を経て、915日にISO 9001:2015が発行され、引き続きJIS版(日本語版)は11月に発行されました。

続きを読む

ISO14001:2015移行支援

1.ISO14001:2015の発行

2015年9月15日に、ISO14001:2004 環境マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引 の改正版にあたるISO14001:2015が発行されました。

続きを読む

ISO/FDIS 9001(品質マネジメントシステム-要求事項)の概要

ISO9001:2015移行支援はこちらをご覧ください。

1.改訂版ISO9001の発行時期

2015年7月にISO 9001:2008「品質マネジメントシステム-要求事項」の改訂版(案)にあたるFDIS 9001(最終国際規格案/Final Draft International Standard)が発行されました。今後、FDIS投票を経て、今年9月頃に、ISO 9001:2015が発行される予定です。

続きを読む

ISO/FDIS9001(品質マネジメントシステム – 要求事項)の概要

1.改訂版ISO9001の発行時期

2015年7月にISO 9001:2008「品質マネジメントシステム-要求事項」の改訂版(案)にあたるFDIS 9001(最終国際規格案/Final Draft International Standard)が発行されました。今後、FDIS投票を経て、今年9月頃に、ISO 9001:2015が発行される予定です。

 それに伴いISO 9001:2015発行後3年以内に新規格に移行する必要があり、移行審査を受けるにあたっては、QMS(品質マネジメントシステム)を改訂版ISO 9001に準拠して変更・運用している実績(内部監査、マネジメントレビュー)が必要となります。また、運用開始時には、改めて新QMSの社員教育や内部監査員への教育も必要となります。

続きを読む