ISO支援.comはのグループ会社が運営しています

ISO取得支援実績2600件以上
日本一のISO取得支援実績

改訂情報

プライバシーマーク(JIS Q 15001:2017)移行支援

1.JIS Q 15001の改訂

2017年12月20日に、プライバシーマークの審査規格となっているJIS Q 15001:2017「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」が改訂されました。

これにより、2006年版のJIS Q 15001でプライバシーマークを取得している企業は、以下の移行スケジュールに従い、更新審査時にJIS Q 15001:2017(新審査基準)に移行する必要があります。

JIS Q 15001:2017への移行スケジュール

 

JIS Q 15001:2017の改訂概要

JIS Q 15001:2017は、ISOマネジメントシステムの規格構成の共通化ルール(MSS共通要求事項又はHLSと呼ばれる)を採用して改訂されました。

3.JIS Q 15001:2017移行への対応準備

JIS Q 15001:2017で、現行の個人情報保護マネジメントシステム(PMS)の基本的な取り組みが大きく変更されることはありませんが、移行に際して以下のような対応が必要となります。

<必須>
  1. 貴社の更新審査受付期間(有効期間の満了の8か月前の日から4か月前の日まで)と移行スケジュールを確認し、貴社の移行審査申請期限を明確に把握する。
  2. 個人情報保護基本規程(個人情報保護マニュアル)をJIS Q 15001:2017に合わせて全面的に改訂する。
  3. JIS Q 15001:2017に適合したPMSを運用して、個人情報保護目的の管理、教育訓練、内部監査、マネジメントレビューを実施する。
<推奨>
  1. JIS Q 15001:2017に合わせてPMSを変更するだけではなく、個人情報保護リスクアセスメントの方法など、運用上のムリやムダのないマネジメントシステムにリフォームする。
  2. 現行の安全管理措置と附属書C(安全管理措置に関する管理目的及び管理策)を比較し、情報セキュリティ関連規定を改訂する。

テクノソフトのJISQ15001:2017移行支援

テクノソフトでは、JIS Q 15001:2017への移行支援を実施いたします。下記の支援項目についてご希望内容をご確認いただき、担当営業までお問合せください。

内容の詳細を決定し、支援費用をお見積りいたします。

ISO45001:2018発行情報(2018年3月12日に発行予定)

開発が進められていた労働安全衛生の新規格であるISO45001につきましては、2017年11月にFDIS(最終国際規格案)が出て、メンバー各国の投票を経て、2018年1月に承認されました。
これにより、ISO45001が2018年3月12日に正式発行される予定です。
テクノソフトでは、ISO45001の認証取得支援及びOHSAS18001からISO45001への移行支援を行います。詳しくは、ISO45001の正式発行後にお知らせします。

ISO9001、ISO14001の2015年版の移行完了期限が近づいています

ISO9001, ISO14001の2015年版は、2015年9月15日に発行されました。現在お持ちのISO9001, ISO14001は、2018914日までに、2015年版への移行を完了させないと、失効してしまいます。

今なら、まだ間に合うチャンスがあります!!

まだISO移行作業に着手していない組織は、移行チャンスは1回しかありません。まずは審査機関と移行審査時期について相談し、それに向けた移行作業スケジュールを早急に立てる必要があります。
続きを読む

ISO14001 改訂情報

〜ISO14001:2004は2018年9月が有効期限です〜

1.改訂版ISO14001の発行期限

20157月のISO 14001:2004「環境マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引き」の改訂版(案)にあたるFDIS 14001(最終国際規格案)を経て、915日にISO 14001:2015が発行され、引き続き、JIS版(日本語版)は11月に発行されました。

続きを読む

ISO9001 改訂情報

〜ISO9001:2008は2018年9月が有効期限です〜

1.改訂版ISO9001の発行時期

20157月のISO 9001:2008「品質マネジメントシステム-要求事項」の改訂版(案)にあたるFDIS 9001(国際規格原案/Draft International Standard)を経て、915日にISO 9001:2015が発行され、引き続きJIS版(日本語版)は11月に発行されました。

続きを読む

ISO14001:2015移行支援

1.ISO14001:2015の発行

2015年9月15日に、ISO14001:2004 環境マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引 の改正版にあたるISO14001:2015が発行されました。

続きを読む

ISO/FDIS 9001(品質マネジメントシステム-要求事項)の概要

ISO9001:2015移行支援はこちらをご覧ください。

1.改訂版ISO9001の発行時期

2015年7月にISO 9001:2008「品質マネジメントシステム-要求事項」の改訂版(案)にあたるFDIS 9001(最終国際規格案/Final Draft International Standard)が発行されました。今後、FDIS投票を経て、今年9月頃に、ISO 9001:2015が発行される予定です。

続きを読む

ISO/FDIS9001(品質マネジメントシステム – 要求事項)の概要

1.改訂版ISO9001の発行時期

2015年7月にISO 9001:2008「品質マネジメントシステム-要求事項」の改訂版(案)にあたるFDIS 9001(最終国際規格案/Final Draft International Standard)が発行されました。今後、FDIS投票を経て、今年9月頃に、ISO 9001:2015が発行される予定です。

 それに伴いISO 9001:2015発行後3年以内に新規格に移行する必要があり、移行審査を受けるにあたっては、QMS(品質マネジメントシステム)を改訂版ISO 9001に準拠して変更・運用している実績(内部監査、マネジメントレビュー)が必要となります。また、運用開始時には、改めて新QMSの社員教育や内部監査員への教育も必要となります。

続きを読む

ISO/DIS-2 13485:2015の発行

ISO/DIS-2 13485:2015の発行

ISO13485「医療機器-品質マネジメントシステム-規制目的のための要求事項」は、第二版(2003年版)の発行から既に10年以上経過しており、現在、改正作業が進められています。

昨年2月に発行された改正原案であるDIS 13485は委員会での投票で否決されましたが、修正が加えられ、DIS-2 13485が2015年2月に発行されました。

改正作業中のDIS9001、DIS14001は共通構造(HLS)を採用したことにより規格の構造が大きく変わっています。一方、DIS-2 13485は従来の規格(2003年版)を踏襲したため、構造に大きな変更はありませんが、要求事項はさらに強化されています。