ISO支援.comはのグループ会社が運営しています

ISO取得支援実績2600件以上
日本一のISO取得支援実績

輸入業者としてのISO13485認証取得

1.認証取得範囲

  • サイト:本社、 支社、 事務所
  • 業 種:医療機器製品の輸入・販売
  • 従業員:約80名

2.企業の概要、ニーズ

  • 医薬品医療機器等法(薬機法)ならびにQMS省令の施行により、輸入業者にQMS省令の実施義務が発生したため、関連性が高いISO13485の認証取得を決定した。
  • 同社はこれまで、ISO9001を運用していたが、取扱製品である「医療機器」向けのセクター規格であるISO13485での運用が、より業務に適していると判断した。

3.実施内容

  1.  業務分析と業務フローの作成
    現行の業務内容とISO13485の要求事項の関連性を明確にできる「業務フロー」を作成し、関係者全員に情報共有することで、全体業務の見える化ができるとともにISO13485の規格要求事項の理解を深めた。
  2. 医療機器用品質マニュアル等の文書作成
    前述の業務フローや現行の業務ルールに沿った「ISO13485品質マニュアル」を作成したのち、追加要請のあった「QMS適合性調査にも対応」できるよう、QMS省令にも適合した内容に改定した。また、医療機器の製造では重要性が高く構築の難しい「リスクマネジメント規定」のほか「ISO13485固有の関連文書や記録類」についても、各業務担当者とよく協議し理解してもらいながら共同制作した。
  3. 改善を指摘できる内部監査員の養成
    内部監査は「本来業務の改善」を主眼に置いて、同社の品質マニュアル等の文書による実習・演習を中心とした内部監査員養成セミナーを開催した。加えて内部監査自体にも立合い、補足の指導を実施した。その結果、「従来の内部監査よりレベルの高い内部監査ができた」との評価を得た。
  4. 審査への対応実施
    医薬品医療機器総合機構(PMDA)によるQMS適合性調査では、要望に応じて審査への立合いを実施し、審査指摘事項の内容理解とその対応策構築について効果的な支援ができた。
    結果、審査対応に対するお客様の不安を軽減できたのではないでしょうか。

4.結 果

  • 当初の目的である審査機関によるISO13485認証取得に加え、PMDAによるQMS適合性調査の認証取得を達成することができた。
  • お客様の声
    約1年間にわたりコンサルティングを受けたことで、認証取得に向け何をどのように準備すれば良いのかよく理解でき、かつ実施できた。また、業務分析を通じて日常実施している業務が、ISOの要求事項に合致していることが理解でき、関係者は自信をもって運用することにより、審査やQMS調査にも対応することができたことが大きかった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

経験豊富のコンサルタントがお答えいたします











テクノソフトが選ばれる理由

  • 1ISO全般に対応するISO総合コンサルティング会社です。

    ISO取得支援数日本一の2600件以上の支援実績と、10規格以上のセクター規格に対応するISO総合コンサルティング会社です。 ISO9001取得のみならず、細分化・専門化が進むセクター規格の支援も豊富に行っています。
    ISO導入後も、お客様の悩みや相談事に対応するアフターフォローも充実させて います。(当社支援の有無を問わず対応します。)
    (注記;セクター規格とは、ISO9001を基盤として、食品や自動車や航空宇宙といった各分野における独自の特性を勘案した要求事項を付加した規格です。)

  • 2経験豊富なコンサルタントが対応します。

    ・20年以上に渡り、ISO取得を支援してきたテクノソフトのノウハウや教育を受けた経験豊富なコンサルタントが対応します。
    ・テクノソフトのコンサルタントは、マネジメント経験のあるメンバーを中心に構成されています。ISOシステム構築、導入を効率的な支援で、担当者様の負荷を抑えたコンサルティングを行います。

  • 3会社に役立つISOのコンサルティングを行います。

    ・テクノソフトではISO導入が継続的な企業活動改善に役に立つツールとなるコンサルティングを行います
    (ISOは顧客満足度の向上と継続的改善を柱としたマネジメントツールです。ISO取得がゴールではありません)。
    ・定型のISOシステムを企業活動に合わせのではなく、顧客の実態に合ったオーダーメイド的なシステムを構築し、「会社の目標」=「ISOの目標」となるシステム導入のお手伝いを行います。
    ・文書類を極力少なくして、シンプルで使い易いシステムを構築します。
    (注記;マネジメントシステムとは、方針と目標を定めて、会社の目標を達成するための仕組みです。)